遠賀町
本文へ移動本文へ移動English中国简体한국어文字サイズ 大中小

タウンニュース 防災・防犯 町ナビ くらしのアラカルト のびのび子育て 学びと遊びのひろば いきいき福祉 健康でいこう 施設ナビ ようこそ議会へ みんなのサポーター ダウンロード

▼高齢者福祉
▼障がい者福祉
▼社会福祉

認知症施策

最終更新日:2020年6月3日

認知症について

 認知症とは脳のある部分に病的な変化が起こり、脳の働き(記憶や理解・判断)が低下し、自分らしい生活を送ることが次第に困難になっていく病気です。

もの忘れ外来

 「ものわすれ外来」とは、認知症の早期発見・早期対応を目的とした診療外来として、認知症について不安や心配がある人が、身近なところで気軽に受診し、相談できる医療機関です。予約が必要な病院もありますので、まずは電話でお問い合わせください。

はいかい高齢者等SOSネットワーク

 はいかいなどによって行方不明になるおそれがある高齢者などの情報を事前に登録し、すばやく発見、保護することを目的としています。行方不明になった場合、登録している情報をもとに、警察、町、自治区などが連携して捜索を行います。

対象者 認知症高齢者などのはいかい行動のおそれがある人
登録料 無料

認知症サポーター養成講座

 認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることが でき、認知症の人への応援者(認知症サポーター)を養成するための講座です。出前講座として行っていますので、地域や職場でご活用ください。

利用者負担 無料
時間 90分程度

ウッディくんカフェ(認知症カフェ)

 認知症の人やその家族をはじめ、どなたでも利用できるカフェを遠賀町立図書館で開催します。認知症や介護予防、健康などについてお茶を飲みながら専門職へ気軽に相談したり、利用者同士で情報交換したりできる場所です。開催日によって町の介護事業所や病院から講師を招いて、講演や体操を行います。


開催場所 遠賀町立図書館
開催時間 10時~12時
開催日 令和2年度は新型コロナウイルス感染症対策のため開催が中止になりました。

Q&A

Q.1:認知症カフェとは何ですか。
A.1: 認知症の人やその家族をはじめ、どなたでも利用ができ、ゆっくりとくつろぐことのできるカフェです。保健師への相談やその他専門職の講話などもあります。セルフサービスのお茶やコーヒーをご用意しています。
Q.2:事前に予約が必要ですか。
A.2: 予約は必要ありません。開催時間中であればいつでも出入り可能です。
Q.3:利用料はいくらですか。
A.3: 無料です。
Q.4:認知症の人やその家族ではなくても利用できますか。
A.4: はい、どなたでも利用できます。
Q.5:相談できる専門職とは誰ですか。
A.5: 遠賀町地域包括支援センターの保健師が主に相談に応じます。相談内容に応じて社会福祉士や主任介護支援専門員なども対応します。
Q.6:相談内容を他の人に聞かれたくないです。
A.6: 別室を用意しているのでそちらで相談に応じます。
Q.7:カフェスタッフは募集していますか。
A.7: はい、募集しています。ただしスタッフはボランティアかつ認知症サポーターに限定しています。認知症サポーター養成講座をまだ受けていない人は受講を勧めています。認知症サポーター養成講座は年1回程度開催しており、受講案内は広報おんがや遠賀町ホームページに掲載します。
Q.8:飲み物や食べ物の持ち込みはできますか。
A.8: はい、可能です。ただし、飲食はカフェ会場のみでお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:福祉課 地域包括支援係
電話:093-293-1234


遠賀町マーク
遠賀町役場(法人番号:2000020403849)
〒811-4392 福岡県遠賀郡遠賀町大字今古賀513番地
電話:093-293-1234 ファックス:093-293-0806 ご意見・ご質問はこちら
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)