遠賀町
本文へ移動本文へ移動English中国简体한국어文字サイズ 大中小

タウンニュース 防災・防犯 町ナビ くらしのアラカルト のびのび子育て 学びと遊びのひろば いきいき福祉 健康でいこう 施設ナビ ようこそ議会へ

▼子育て支援
▼児童・保育サービス

保育所情報

最終更新日:2020年7月3日

保育施設等とは

 保育施設等とは、乳幼児の保護者(父母)が仕事や病気などの理由で「保育を必要とする事由」がある場合に、保護者に代わって保育することを目的とした児童福祉施設です。
 遠賀町には私立(認可)保育園が3ヵ所(山びこ保育園・遠賀川保育園・南部保育園)あり、さらに平成27年10月1日からは事業所内保育所(愛あい保育園・0、1、2歳児のみ対象)が地域住民を保育施設等に受け入れを開始しました。


保育施設等に入所できる基準

 保育施設等に入所できる基準は、児童の保護者(父母)が次のいずれかに当てはまり、「保育を必要とする事由」があると認められる場合です。

  • 家庭外で仕事をすることを常態としていること。(会社勤務等)
  • 家庭内で児童と離れて日常の家事以外の仕事をすることを常態としていること。(自営業等)
  • 死亡、行方不明、拘禁などの理由により親がいない
  • 妊娠中であるか出産後間もないこと(おおむね出産予定日前8週間、出産後8週間)
  • 疾病にかかったり負傷している、もしくは心身に障害を有していること
  • 長期にわたる病人や心身に障害を有する同居の親族を常時介護(看護)していること
  • 火災、風水害、震災、その他の災害の復旧に当たっていること
  • 求職活動中であること
  • 就学中であること。(職業訓練校等における職業訓練含む)
  • 虐待やDVのおそれがあること
  • 育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
  • その他町長が認める前各号に類する状態にあること

 注記:求職中の方で、保育施設等に入所させないと仕事を探すことができない場合は、「保育施設等の利用に関する申立書(求職)」を提出していただきます。ただし、保育施設等に入所後おおむね3ヶ月以内に勤務先を決定できない場合は、退所していただきます。
また、「求職中」という要件は、年度内に1回のみしか利用できません。


入所の申し込み

入所の申し込み

 入所を希望する月の前月の10日までに健康こども課子育て支援係に必要書類をそろえて提出してください。
 ただし、4月からの入所の受付は毎年1月に行います。詳しくは、広報おんがでお知らせします。

電子申請

 次のリンク先からインターネットを通じて入所申込みをすることができます。
 注記:申し込みにはマイナンバーカードとICカードリーダライタ、職場から取得した勤務等証明(申告)書が必要です。


申し込みに必要な書類

1. 教育・保育給付認定申請書兼保育施設等利用申込書 (児童1人につき1枚)
2. 保育を必要とする理由を証明するもの
勤務等証明(申告)書 (ひとり親世帯を除き)父母のどちらについても必要
 ・会社等勤務者(パートタイマー含む):勤務先の証明
 ・勤務予定者:勤務先の証明
   「これから勤める人」の欄に証明してもらっください。
 ・自営業:民生・児童委員の証明又は、税の申告書の写し
 ・内職者:委託・発注者の証明
 ・病 気:本人もしくは家族の申告及び診断書
 ・障 害:本人もしくは家族の申告及び障害者手帳等
 ・介 護:本人もしくは家族の申告及び診断書または障害者手帳等
 ・出 産:本人もしくは家族の申告及び母子健康手帳等
 ・学生等:本人もしくは家族の申告及び在学証明書
 ・求 職:本人もしくは家族の申告及び申立書
3. 保育料決定のため必要なもの
 入所する年度の1月1日、または入所する年度の前年の1月1日に遠賀町に住まわれていない方のみ必要(どちらも遠賀町にお住まいの方は、提出する必要はありません)

入所する年度の前年の1月1日に遠賀町に住まわれていない方
・入所する年度の前年度分の所得課税証明書
 入所する年度の前年の住所地より取得し、提出をお願いします。(取得の方法については以前お住まいの各市町村にお尋ねください)

入所する年度の1月1日に遠賀町に住まわれていない方
・入所する年度の前年度分の所得課税証明書、及び入所する年度分の所得課税証明書
 入所する年度の1月1日時点の住所地が町外の方で、その年の9月以降も保育施設等の利用を希望する方は入所する年度の前年度分の所得課税証明書(申込書と同時に提出)と、入所する年度分の所得課税証明書(6月以降にあらためて提出)の両方が必要です。
※4月から8月までの入所のためには入所する年度の前年度分の所得課税証明書を入所する年度の前年度の1月1日の住所地より取得し、提出をお願いします。また、入所する年度分の所得課税証明書については毎年6月ごろ各市町村により発行されますので、それ以降に取得してご提出ください。詳しくは以前お住まいの各市町村にお尋ねください
4. 口座振替依頼書
5. その他(必要書類)
 世帯により必要書類が異なりますので事前にご相談ください

各種申請書ダウンロード


教育・保育給付認定

 平成27年度からは、保育園や幼稚園を利用するための「認定」(教育・保育給付認定)を受けることになります。子どもの年齢や家庭の状況に応じて3つの区分に認定し、その区分によって利用できる施設や事業が決まっていきます。

認定区分 対象 利用可能施設
1号認定 満3歳以上で、幼児期の学校教育を希望する場合 幼稚園
認定こども園
2号認定 満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、保育施設等などでの保育を希望する場合 保育園
認定こども園
3号認定 満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、保育施設等などでの保育を希望する場合 保育園
認定こども園
  

保育を受けられる期間

入所期間

 保育の実施の期間(入所期間)は、小学校就学前までの範囲内で、家庭での保育に欠けると認められる期間です。ただし、次の場合については、期間が限定されています。

  • 求職中による入所…入所後約3ヶ月の範囲内(1度だけ延長することができます)
  • 妊娠出産による入所…出産予定日前8週間、出産後8週間の期間
  • 疾病による入所…診断書に記載された期間

現況届

 毎年6月に、保育を必要とすることを証明する書類(現況届)を確認のために提出していただきます。なお、世帯の状況や勤務状況に変更があったときは必ず役場に連絡してください。
例)退職、転職、転居、氏名変更、保護者変更、世帯員の増減、出産、育児休業等


保育施設等をやめる場合

 保育の実施期間の満了前に、家庭内で保育できるようになった場合や転出等により、保育施設等をやめる場合は、「保育施設等の利用に関する届出書(退所)」を提出してください。


保育の必要量(利用可能時間)

 保育施設等を利用する場合は、保護者の勤務形態等によって利用できる保育時間が「保育標準時間」と「保育短時間」の2つに分かれます。

保育標準時間(1日当たり最長11時間まで保育)

 月120時間以上の就労、もしくは保育短時間だと恒常的に延長保育を利用するような場合

保育短時間(1日当たり最長8時間まで保育)

 月60時間~120時間未満の就労や、求職等
 注記:定められた時間帯以外の時間帯の利用は延長保育として扱われます

町内保育所の保育時間

保育園 保育時間 延長保育
遠賀川保育園
南部保育園
山びこ保育園
保育標準時間(11時間)7時~18時 18時~19時
保育短時間(8時間)9時~17時 7時~9時
17時~19時
愛あい保育園
(事業所内保育園)
保育標準時間(11時間)7時30分~18時30分 18時30分以降の延長保育なし
保育短時間(8時間)9時~17時 7時30分~9時
17時~18時30分
  

保育料について

  • 保育料は、児童の年齢および保護者の住民税(市町村民税)に応じて定められています。
  • 「特定教育・保育施設等利用者負担額決定通知書」に記載された保育料を、毎月末 (納期限) までに納めてください。
  • 保育料の納入は、できるだけ口座振替でお願いします。
  • 保育料は、毎年4月および9月に改定します。このため、毎年、住民税額のわかる書類を6月の現況届と一緒に提出していただきます。
  • 家庭において生活困窮、特別な事情により支払いが困難なときは早めにご相談ください。

 注記:なお、保育料を滞納されると電話や文書等により、督促をさせていただきます。
 督促しても納めていただけない場合は、保護者等の給与等の照会を行い差し押さえることがあります。


遠賀町保育料徴収基準額表(1号) (PDFファイル:67.1キロバイト)

遠賀町保育料徴収基準額表(2・3号) (PDFファイル:135キロバイト)

他市町村の保育施設等への入所

 勤務地や勤務時間の都合で、町内保育園の開所・閉所時間に間に合わないなどの特別な理由がある場合に限り、他の市町村の保育施設等に預けることもできます。この場合も申し込み先は、遠賀町役場健康こども課子育て支援係になります。ただし、希望の保育施設等に空きがない場合や受け入れ側の市町村の承諾が得られない場合は入所できません。
 詳しくは、役場健康こども課子育て支援係へご相談ください。

保育施設等の概要

保育園(遠賀川保育園、南部保育園、山びこ保育園)

 開所日:月曜から土曜日 (日曜、祝日年末年始等はお休みです。)
 開所時間:7時~18時(延長保育利用により19時まで 別途経費を保育園にて徴収)
 受入年齢:おおむね生後3~6ヶ月から、小学校就学前まで

事業所内保育園(愛あい保育園)

 開所日:月曜から土曜日 (日曜、祝日年末年始等はお休みです。)
 開所時間:7時30分~18時30分(18時30分以降の延長保育はありません)
 受入年齢:0歳児(生後8ヶ月)~2歳児まで

寡婦(夫)控除のみなし適用

概要

 保育施設等利用者負担額(保育料)決定のための「市町村民税所得割額」を算定する際、未婚のひとり親世帯を税法上の寡婦(夫)控除が適用されるものとして算定するものです。

内容

 婚姻歴のないひとり親は税法上の寡婦(夫)控除の適用が受けられず、婚姻歴のあるひとり親と比べて保育料に差が生じることがありました。このため、婚姻歴の有無による差が生じないよう、平成30年9月より未婚のひとり親に対する寡婦(夫)控除のみなし適用を開始しました。

控除額

  • 合計所得金額が500万円以下の寡婦:30万円
  • 合計所得金額が500万円超の寡婦:26万円
  • 合計所得金額が500万円以下の寡夫:26万円
  • 適用期間

     申請書の提出が完了した月の翌月分からの保育料が、寡婦(夫)控除のみなし適用の対象となります。

    対象者

     保育料を算定する所得を計算する年の12月31日時点及び申請時点において、父の場合は次の1~3の全てに、母の場合は次の1と2もしくは1と3に該当する方

    1. 婚姻によらず父又は母となり、その後に婚姻(事実婚を含む)していない。
    2. 生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で、申請者以外の控除対象配偶者や扶養親族となっていない)がいる。
    3. 合計所得金額が500万円以下である。

    申請方法

     遠賀町役場 健康こども課 子育て支援係(2番窓口)にて申請書を受け取り、必要事項を記入し必要書類を添付のうえ、子育て支援係に提出してください。
    (遠賀町ホームページからも取得することができます。)

    必要書類

     注記:各個人により必要書類が異なりますので、申請をされる場合は、事前にご相談ください

    注意事項

     寡婦(夫)控除のみなし適用の対象となった場合でも、保育料に変更がないことがあります。
     寡婦(夫)控除のみなし適用の対象は保育料への適用であり、税法上の控除については受けられません。

    Adobe AcrobatReader
    PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Readerまたは同等のPDFを閲覧できるソフトウェアが必要です。Acrobat Readerは次のリンク先からダウンロードできます。
    Acrobat Readerダウンロード

    この記事に関するお問い合わせ先

    担当課:健康こども課 子育て支援係
    電話:093-293-1234


    遠賀町マーク
    遠賀町役場(法人番号:2000020403849)
    〒811-4392 福岡県遠賀郡遠賀町大字今古賀513番地
    電話:093-293-1234 ファックス:093-293-0806 ご意見・ご質問はこちら
    開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)