English中国简体한국어PC版スマホ版


▼ライフイベント
▼マイナンバー制度
▼住民票
▼住民基本台帳ネットワーク
▼公的個人認証
▼転校手続き
▼戸籍
▼印鑑登録
▼外国人住民
▼税金
▼証明書・申請書ダウンロード
▼保険・年金
▼生活保護
▼環境
▼リサイクル
▼ごみ収集
▼し尿収集
▼犬を飼うとき
▼上下水道
▼建設関連
▼都市計画
▼住宅情報
▼商工
▼町内の交通手段
▼消費生活情報
▼相談窓口のご案内
▼町民電話帳
▼リンク集
▼住居表示
最終更新日:2017年9月20日

遠賀町定住促進奨励金

 遠賀町では、町内での定住を促進するために、遠賀町定住促進計画を策定しました。あわせて、遠賀町定住奨励金交付要綱に基づき、平成28年4月1日以降に永住の意志をもって遠賀町内に住宅を取得した人を対象に、定住促進奨励金制度を始めます。奨励金とは、取得した住宅(土地)に対して課税される固定資産税相当額(上限15万円)を3年間(3世代同居世帯は4年間)にわたり交付するものです。奨励金の交付には要件もありますので、詳細については以下、及びQ&Aでご確認ください。
 ※なお、奨励金には申請が必要になりますが、時期は固定資産税が課税された後(平成28年に住宅を取得した方は平成29年9~10月)になりますので、ご注意ください。



対象となる住宅等の取得時期
・遠賀町定住促進計画で定めた平成28年4月1日~平成32年3月31日まで(なお、住宅建築のために事前に土地を取得した場合は、住宅取得の1年以内であれば、補助対象とします)



対象となる人(下記の要件をすべて満たす人)
 ・上記の期間に遠賀町内に住宅、マンション(新築、中古は問いません)を取得し、引き続き居住している者
 ・世帯全員に遠賀町での町税等の滞納がないこと
 町税等の範囲:町民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税、下水道使用料、介護保険料、 後期高齢者医療保険料、町営住宅使用料、学校給食費
 ・本町の自治区に加入していること
 ・暴力団員ではないこと



対象外となるケース
 ・住宅エコポイントのように他の制度の助成を受けている場合
 ・相続等で名義の変更により購入を伴わず住宅を取得した場合
 ・古くなった住宅を単に建て替える場合



(注意)建て替えに関して
 古くなった住宅を単に建て替える場合は原則、交付対象外となります。例外的に転入、転居により世帯員が増加するのにあわせて住宅を建て替える場合は、建て替えに伴い世帯員が増加するため、定住人口の増加につながるとし、特例で奨励金の交付対象とします。(例:別居中の両親と同居するために、古い家を解体し、2世帯住宅を新築する場合など。2世帯で同居することで、世帯員が増加します)



対象となる固定資産税相当額について(原則、取得した住宅に係る土地、家屋に係るものです)
 ・併用住宅については、土地・家屋について住宅部分の面積で按分する
 ・土地については、住宅にかかる部分の330㎡以内(330㎡を超える場合は面積で按分して算定)
 ・按分、その他で千円未満の端数が出た場合は切り捨て
 ・相続により譲り受けた土地に新たに住宅を建てる場合は、住宅にかかる固定資産税分のみが対象



奨励金の申請から交付までのスケジュール(例:平成28年4月に住宅取得の場合)
 ①平成28年4月 住宅取得
 ②平成29年4月 町から固定資産税賦課の通知を受け取る
 ③平成29年9~10月 町に定住奨励金を申請する (固定資産税賦課後の9~10月)
 ④平成30年1月 町からの交付決定通知を受け取る
 ⑤平成30年2月 町に奨励金の請求をする
 ⑥平成30年3月 町から奨励金が振り込まれる
③~⑥の手続きは3年間(3世代同居世帯は4年間)毎年必要になります。





▼お問い合わせ

都市計画課 都市計画係


遠賀町役場(法人番号:2000020403849)
〒811-4392 福岡県遠賀郡遠賀町大字今古賀513番地
TEL 093-293-1234 FAX 093-293-0806 E-Mail kouhou@town.onga.lg.jp
開庁時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)