おんがめし【菜種油ができるまで】

遠賀町産菜種100%一番搾り!遠賀逸品、菜種油の取り組み

キーワード検索
カテゴリー
おんがめしとは?
PICK UP!
よかもん市場 公式Facebookページ 菜種油ができるまで 赤しそドリンクができるまで 夢れんげができるまで おんがめしあーかいぶ 遠賀町公式サイト

遠賀逸品 菜種油ができるまで

遠賀町では菜の花が有名ですが、川のほとりに咲く菜の花は
種はできますが、食用にはできないものです。
遠賀産の菜種は食用油に最適な『ななしきぶ』というエルシン酸の少ないものです。

1.稲刈りが終わると、きれいに整地し「ななしきぶ」を植え付けします

2.春になると一面の菜の花畑になります。

春の遠賀町は、菜の花畑に囲まれてとても綺麗な景色を見ることができます。

3.梅雨前に種ができ、乾燥してくると刈り取りの時期です。

刈り取り時期が早いと、熟しが足りず、
時期が遅くなると、種がはじけてしまい、種を収穫ができなくなります。
梅雨のこの時期、天気をみながら、収穫のタイミングをみます。

4.収穫した菜種は不純物を取り除き、乾燥され、製油工場に運ばれます。

製油会社では、さらにきれいに不純物を取り除きます。

5.きれいに不純物を取り除いた菜種を丁寧に焙煎し、搾って完成。

この時、きれいに乾燥がされていないと時間がかかります。
焙煎の良し悪しで美味しい油ができるか左右されます。

きれいに焙煎された菜種を搾っていきます。
搾られた油は、タンクに移され油に含まれる不純物を沈下させます。

沈殿しているものを除き、さらに和紙で濾されます。
これこそ本物の一番搾り。搾りたての菜種油です。
ボトルに詰め、ラベルを貼ると、
『遠賀産菜種100%使用 一番搾り 菜種油』が出来上がりです。


ページトップ