ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 年内に新型コロナワクチン(オミクロン株対応)を接種しましょう
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康 > 予防接種 > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 年内に新型コロナワクチン(オミクロン株対応)を接種しましょう

本文

年内に新型コロナワクチン(オミクロン株対応)を接種しましょう

ページID:0027416 更新日:2022年11月24日更新 印刷ページ表示

オミクロン株対応ワクチン接種についてのお知らせ

 これまで2年間、年末年始に新型コロナは流行しています。2022年の年末までに、重症化リスクの高い高齢者はもとより、若い人にもオミクロン株対応2価ワクチン(新型コロナの従来株とオミクロン株に対応したワクチン)による接種を完了するようおすすめしています。
 遠賀町の令和4年12月11日の集団接種の予約枠を追加しています。希望する人は早めにご予約をお願いします。今後も日程を追加する場合があります。

 

12歳以上に使用するワクチン

 

ワクチンの種類 1・2回目接種 3回目以降の接種(注1)
12歳以上 12歳以上 18歳以上
ファイザー社ワクチン 〇【従来型】 〇【オミクロン株対応型】 〇【オミクロン株対応型】
モデルナ社ワクチン 〇【従来型】 × 〇【オミクロン株対応型】
武田社ワクチン
(ノババックス)
〇【従来型】 × 〇【従来型】
※3回目以降の接種はオミクロン株対応2価ワクチンが基本だが、選択肢として接種可能


(注1)最終接種から一定期間(ファイザー社及びモデルナ社ワクチン):3か月、武田社ワクチン(ノババックス):6か月以上経過している人は接種可能。

【参考】12歳未満(生後6か月~11歳)に使用するワクチン(注2)

ワクチンの種類 1・2回目接種 3回目接種
生後6か月~11歳 生後6か月~4歳 5歳~11歳
ファイザー社ワクチン 〇【従来型】 〇【従来型】
※初回接種の3回目として、1~3回目接種を一連の接種として実施
〇【従来型】
※3回目接種は、初回接種(1・2回目接種)を終了した後の追加接種として実施

(注2)用量等が違うため、5歳~11歳には小児用ワクチン、6か月~4歳には乳幼児用ワクチンを使用します。

詳しくは厚生労働省ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

オミクロン株対応2価ワクチンの効果と安全性

 2価ワクチンは、従来株の成分に加え、オミクロン株の成分が含まれています。オミクロン株の成分に2つの種類(BA.1とBA.4-5)があるため、2種類のワクチンがあります。いずれも、現在流行の中心であるオミクロン株に対しては、1価の従来型ワクチンを上回る効果が期待されています。また、従来株とオミクロン株の2種類の成分があることにより、誘導される免疫も、より多様な新型コロナウイルスに反応すると考えられます。
 副反応については、ファイザー社及びモデルナ社の2価ワクチンの薬事承認において、接種後、どちらのワクチンも従来型ワクチンとおおむね同様の症状が見られました。

有効性と安全性について、詳しくは厚生労働省ホームページ<外部リンク>をご覧ください。