ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊娠・出産・子育て > 子育て支援 > 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康 > 感染症 > 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

本文

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

ページID:0009706 更新日:2021年12月28日更新 印刷ページ表示

子育て世帯の生活を支援するために給付金を現金一括で支給します!!(所得制限なし)

 令和3年11月19日に閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」において、「子育て世帯に関しては、児童を養育しているものの年収が960万以上の世帯を除き、0歳から高校生相当までの子に、一人あたり10万円相当の支給すること」こととなりました。遠賀町では、先行給付の現金5万と来春予定の5万相当のクーポン券分を併せて一括して現金10万円を支給します。            

子育て世帯への臨時特別給付金案内チラシ [PDFファイル/574KB]

 コロナウイルス感染症拡大の長期化の影響は、世帯の所得状況によらず、幅広く及んでいることをふまえ、遠賀町では、所得要件により国の子育て世帯への臨時特別給付金の対象外となる世帯に対して、5万円(国給付金において、当初クーポン券等として給付するとされた経済対策分の5万円を除く)を町独自に助成することとします。

対象児童・金額

  1. 令和3年9月分の児童手当の支給対象となる児童

 (1)令和3年9月分児童手当(本則給付)の支給対象となる児童1人につき、10万円

 (2) 令和3年9月分児童手当(特例給付)の支給対象となる児童1人につき、5万円

   (平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれの兄弟を含む)

 2. 令和3年9月30日時点で高校生相当(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の児童

  (1)下記の所得制限額限度未満の世帯に属する児童1人につき、10万円

  (2)下記の所得制限額限度を超える世帯に属する児童1人につき、5万円

 3. 令和4年3月31日までに生まれた児童

 (1)児童手当(本則給付)の支給対象となる児童1人につき、10万円

 (2)児童手当(特例給付)の支給対象となる児童1人につき、5万円

申請手続き

上記対象者1.の人

  • 児童手当受給者が公務員の場合のみ申請が必要です。
  • 上記対象者1-(2)に該当する人には、役場から令和4年1月7日(金曜日)に申請書類を郵送する予定です。

上記対象者2.の人

  • 申請が必要です。
  • 上記対象者2-(2)に該当する人には、役場から令和4年1月7日(金曜日)に申請書類を郵送する予定です。

上記対象者3.の人

  • 申請が必要です。

支給時期

※所得制限限度額を超える世帯への町拡大分の振込み時期については、後日お知らせします。

上記対象者1.の人

  • 児童手当(本則給付)の支給対象世帯は、令和3年12月27日(月曜日)に児童手当受給者の口座に振込完了

上記対象者2.の人

  • 申請書受付後、随時支給

上記対象者3.の人

  • 申請書受付後、随時支給

書類

上記対象者1.の人

  • 児童手当(本則給付)の支給対象世帯で、給付を拒否される場合は受給拒否の届出を令和3年12月16日(木曜日)までに提出してください【終了】
  • 児童手当(特例給付)の支給対象世帯の受給拒否届出の期間については、後日お知らせします。


受給拒否の届出(様式第1号) [PDFファイル/79KB]

上記対象者2.の人

申請書(請求書)(様式第3号) [PDFファイル/167KB] +必要書類

上記対象者3.の人

申請書(請求書)(様式第4号) [PDFファイル/161KB] +必要書類

所得制限限度額

扶養親族等の数ごとの所得制限限度額
扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622 833.3
1人 660 875.6
2人 698 917.8
3人 736 960
4人 774 1,002
5人 812 1,040


(注意事項)

  1. 「収入額の目安」は、給与収入のみで計算しています。
  2. 所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族がある者についての限度額(所得額ベース)は、上記の額にこの同一生計配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
  3. 扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円。(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。
    ※入院等やむを得ない事由により児童手当の認定請求をせず、令和3年9月分の児童手当の対象となる児童分の支給が受けられない人についても、さかのぼって児童手当の申請を行えば、支給対象になり得るので、担当までご相談ください。
    ※今回の給付は、単身赴任等で児童手当受給者と児童が別居している場合は、児童手当を受給している市町村から支給を受けることとなります。重複して申請することはできません。 
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)