ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康 > 感染症 > 新型コロナウイルス対応地方創生臨時交付金

本文

新型コロナウイルス対応地方創生臨時交付金

ページID:0021447 更新日:2022年6月24日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス対応地方創生臨時交付金とは

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業が実施できるよう、令和2年4月に新型コロナウイルス対応地方創生臨時交付金が創設されました。

 遠賀町では本交付金を活用した町独自支援策として、感染拡大の防止、地域経済や住民生活の支援等の取り組みを行っています。
 なお、地方創生臨時交付金の詳細は内閣府ウェブサイト内「新型コロナウイルス対応地方創生臨時交付金<外部リンク>」をご覧ください。

令和2年度の活用実績

 令和2年度に新型コロナウイルス対応地方創生臨時交付金を活用して実施した事業の内容や主な実績・効果等は次のとおりです。

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した事業の主な実績・効果等(令和2年度) [PDFファイル/260KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)