ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・観光 > 産業振興 > 農林水産業 > 森林環境譲与税の使途

本文

森林環境譲与税の使途

ページID:0001381 更新日:2022年2月28日更新 印刷ページ表示

森林環境譲与税とは

 令和元年度から、国において森林環境税が創設されたことに伴い、その一部が森林環境譲与税として市町村に譲与されることになりました。 市町村は森林環境贈与税の使途等を公表しなければならないとされています。
 森林環境譲与税の使途については、下記のとおりです。

関係法令

 森林環境税および森林環境譲与税に関する法律(抄)
 第34条3項市町村及び都道府県の長は、地方自治法第二百三十三条第三項の規定により決算を議会の認定に付したときは、遅滞なく、森林環境譲与税の使途に関する事項について、インターネットの利用その他適切な方法により公表しなければならない。

交付の目的

 令和元年度から譲与開始した森林環境譲与税は、森林整備や木材利用促進等に活用しています。

 

遠賀町における使途について

令和2年度1662千円(決算額)

充当事業 内容 金額
基金積立(木材利用等) 公共施設等における木製品の導入に向けた基金積立 1662千円
1662千円

森林環境譲与税事業成果 [PDFファイル/163KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)