ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 障がい者福祉 > 地域生活支援拠点等事業

本文

地域生活支援拠点等事業

ページID:0001517 更新日:2021年8月30日更新 印刷ページ表示

 地域生活支援拠点等事業とは、障がいのある人の入所施設や病院からの地域移行を進めるとともに、高齢化・重度化や親亡き後を見据え、障がいのある人が住み慣れた地域で安心して暮らしていくために、さまざまな機関が協力し合い、切れ目のない支援が行える体制を整備するものです。
 遠賀中間地域では、1市4町が協力し、障がいのある人の支援を行う複数の機関と連携し、それぞれが役割を分担して、障がいのある人の生活を地域全体で支える体制作りを行います。
 本事業は令和2年4月から始まっており、介護者の入院などの緊急時に適切な支援が行えるように、対象となる人の事前登録を受け付けています。

対象 在宅で生活している障がいのある人で、登録を希望する人
申込方法 福祉課窓口にある​利用者登録シート[PDFファイル/162KB]に記入し、申し込み。
※窓口で登録希望者の生活状況等の聞き取りを行います。
持ってくるもの
  • 障がい者手帳等の障がいがあることを確認できるもの
  • 印鑑
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)