ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

指定管理者制度

ページID:0001217 更新日:2021年10月28日更新 印刷ページ表示

 これまで、地方公共団体の出資法人や公共団体および公共的団体に限定されていた「公の施設」(注記1)の管理を、民間事業者等の団体が行うことにより、住民サービスの向上や経費の削減を図ろうとする制度です。

 注記1:文化施設、体育施設、社会福祉施設など、住民の福祉を増進する目的で、住民の利用に供するために設置された施設のことです。

指定管理者制度に関する条例等

指定管理者候補者の選定結果

 令和2年度から5年間の遠賀町立図書館及び遠賀町ふれあいの里の指定管理者を募集し、審査した結果、指定管理者候補者の順位は次のとおりです。

遠賀町立図書館

  1. 優先交渉権者 株式会社 図書館流通センター
  2. 第2順位交渉権者 つながるおんが図書館マネジメントグループ

遠賀町ふれあいの里

  1. 優先交渉権者 株式会社 トキワビル商会
  2. 第2順位交渉権者 社会福祉法人 遠賀町社会福祉協議会
  3. 第3順位交渉権者 株式会社 福祉人

指定管理者の指定について

現在の指定管理者制度導入状況

遠賀町立図書館

指定管理者

 株式会社図書館流通センター

指定期間

 令和2年4月1日~令和7年3月31日

遠賀町ふれあいの里

指定管理者

 株式会社トキワビル商会

指定期間

 令和2年4月1日~令和7年3月31日

遠賀総合運動公園

指定管理者

 宗像緑地建設株式会社

指定期間

 平成31年4月1日~令和6年3月31日

指定管理者制度モニタリングについて

 モニタリングとは、指定管理者による施設管理の適正を期するため、町が求める達成水準を満たされているかなど、継続的なチェックを行うものです。

 モニタリングを適切に実施することで、重大な事故や事件の発生、指定管理者が実施する事業等のリスクの予兆を発見し、早期に指示・助言を行い、改善や是正されることで、施設の管理運営を継続できなくなるという最悪の事態が避けられることになります。また、コスト削減を重視するあまりに公共サービスの水準が低下したりする可能性も防ぐことになります。

 このため、モニタリングの実施に関する事務、運用の手続きを定めた「指定管理者制度モニタリングの運用に関するガイドライン」を策定し、効果的なモニタリングを実施することにより、指定管理者による管理運営の適正を期するものとします。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)